閉じて開く豊かな家

敷地は閑静な住宅街にありました。
北側接道面以外はすべて標準的な開口設定された隣家が立ち並び、
開放感の得られるのは東の畑側と南西の家と家の間だけでした。

この限られる立地条件の中で、
ご家族がプライバシーを保ちつつ、最大限の開放感が得られるようにしました。

周りから生活感が感じ取れないようにしたいことから、開口部を設けずに黒と白のコントラストを
基調としたインパクトのある外観です。

知らず知らず家族が集まってきて寛ぎや癒しや笑いの絶えない、そんな暮らしを提案しています。
毎日の暮らしを快適にした工夫いっぱいのお家です。

一覧へ戻る